パソコンやスマホから、スロットやバカラなどのカジノゲームを楽しむことのできるオンラインカジノ。気軽に本物のギャンブルを楽しむことのできる、オンラインカジノの始め方や法律や税金の問題、入金や出金の方法などについて紹介しています。

オンラインカジノ

オンラインカジノ 攻略法

オンラインカジノ イカサマ

カジノはやってみたいんだけど、オンラインカジノだとプログラムをいくらでも操作できそうだしイカサマがあって勝てなさそう。
ネットを使って画面越しにギャンブルするなんて、いくらでもイカサマができそうだからオンラインカジノは胡散臭い。

オンラインカジノにこのようなイメージを持っている人もいるようですが、合法的にまともに運営されているオンラインカジノサイトは、イカサマなんてことをわざわざしません。

オンラインカジノ イカサマ

オンラインカジノに限らずランドカジノであっても、それこそパチンコやパチスロといったギャンブルであっても同じですが…
勝っているときにはなんとも思わないのに、負けが続いて勝てないときには誰もが心の中で「イカサマをされているんじゃ」と感じるかと思います。

が、合法的に運営されているオンラインカジノでは、イカサマの心配はありません。

なぜオンラインカジノでイカサマが起こり得ないのか、根拠をあげますので考えてみましょう。

イカサマしなくてもオンラインカジノは儲かる

そもそもオンラインカジノサイトは、ちまちまイカサマや不正なんてして稼ぐ必要もないほど儲かっています。

そんなこと言ったって、プレイヤーが勝ったらカジノ側の儲けがなくなるから、オンラインカジノはそれは阻止したいんじゃないの?
と思うかもしれませんが、カジノ側には「ハウスエッジ」というものがあり、たくさんの人がカジノゲームを楽しんでくれれば、ハウスエッジだけで十分な利益をあげることができています。

※ ハウスエッジとは1ゲームごとの平均的な控除率のことで、つまり「カジノ側の取り分」のこと。

とはいえオンラインカジノは他のギャンブルと比べて、ギャンブルの胴元の取り分であるハウスエッジは低く設定されておりプレイヤーに優しいギャンブル。

オンラインカジノの場合は、パチンコや競馬などのように店舗や場所、人件費などの運営費が必要ないため、ハウスエッジを低くしても十分に利益が出せているわけです。

オンラインカジノ側がイカサマで一時的に儲けても、「勝てないカジノ」として人気がなくなってしまうとハウスエッジでの利益が減ってしまいます。

カジノゲームで遊んでもらってなんぼのオンラインカジノサイトがイカサマなどの不正を行っても、オンラインカジノ側にはデメリットになるということがわかるかと思います。

オンラインカジノは国が審査して管理されている

オンラインカジノサイトを合法的に運営するには、ゲーミングライセンス(運営許可証)を取得しなくてはいけません。

ゲーミングライセンス(運営許可証)についてはこちらで詳しく解説しています。
オンラインカジノ ライセンス

このライセンスを取得するには国の厳しい審査を通過する必要がありますし、ライセンスを取得した後にもカジノゲームが公平に実行されているかなど、第三者による抜き打ち的なチェックも行われています。

オンラインカジノは国が審査して管理されているギャンブルであり、国の公認であるゲーミングライセンス(運営許可証)を取得していることは、安全性・公平性を公的に示すもの。

上記でイカサマしなくてもオンラインカジノは儲かることをお伝えしましたが、カジノゲームをたくさんの人にプレイしてもらうだけで儲かるのに、オンラインカジノ側がイカサマなど不正をしてライセンスを剥奪されるというリスクは負う必要もないです。

オンラインカジノ 第三者機関

国の厳しい審査を通過してゲーミングライセンスを取得し、第三者による抜き打ち的なチェックが行われているオンラインカジノとはいえ、その第三者機関が信用に値しなければ意味のないもの。

そのオンラインカジノが本当に安心でき、信頼できるところかどうか、プレイヤーの側から判断するのはなかなか難しいことです。

オンラインカジノサイトが提供するカジノゲームが公正公平な環境であるかチェックしている、第三者機関について紹介します。

eCOGRA(イーコグラ)

過去にオンラインカジノサイトが詐欺を働く例が後を絶たなかったため、オンラインカジノの世界でプレイヤーを守るために設立されたNPO法人であるeCOGRA(イーコグラ)。

ロンドンに本拠地を置いており、プレイヤーの安全を守るためさまざまな視点から監査を行っています。

eCOGRAの存在により、オンラインカジノ業界の清浄化がなされたといっても過言ではありません。

eCOGRAはオンラインカジノとプレイヤー間にトラブルが発生した場合の仲裁役としても機能しており、問題解決の手助けを要請する事で平均1週間で問題の解決のために介入をしてくれるようになっています。(eCOGRA加盟サイトでの問題の場合)

TST(Technical Systems Testing)

オンラインカジノソフトのRNGなどの公平性をテストし認証をする機関であり、アメリカの宝くじやヨーロッパにあるカジノのスロットマシンなどの公平性の監査等も行っているTST(Technical Systems Testing)。

不正プログラムなどが入っていたらどんなにプレイヤーが大金を積んでも勝てないですから、オンラインカジノのソフトウェアの公平性をテストするために審査をしてくれています。

その審査の厳しさは中々なもので、そもそも、ラスベガスのスロットマシンのテストなどを行っていた機関でもあります。

オンラインカジノ イカサマ まとめ

カジノゲームを楽しんでもらうだけで利益が出て儲かるシステムになっているオンラインカジノ。(オンラインカジノに限らずパチンコなどのギャンブルもそう)

イカサマなんてせこいことをして利益を増やしても、ライセンスを剥奪されると運営できなくなります。

また「勝てない!」という口コミが広がれば人気が落ちて、それこそ利益をあげることができなくなるので本末転倒。

負けが続くと腹いせに「オンラインカジノはイカサマばかりだ!」なんて評判を落としたくもなりますが、そんなことをしなくても本当にイカサマがあれば、ネット社会の現在はすぐにそのオンラインカジノサイトの人気は落ちます。

ライセンスを取得して運営されている、かつプレイヤーも多くて人気のオンラインカジノサイトはそれだけしっかりと運営されています。

ちなみに、オンラインカジノと似たようなことをしている、違法なインカジはイカサマし放題です。

イカサマや不正など何も心配しなくても良い、安心なオンラインカジノで遊びましょう。

初回入金ボーナス充実度ランキング

オンラインカジノサイトから無料でもらえる「入金不要ボーナス」と「初回入金ボーナス」。安心してプレイできる信頼性のあるカジノサイトのボーナス内容を比較し、お得なボーナスキャンペーンを実施しているカジノサイトをランキングでご紹介!ボーナスを利用して賢くカジノで遊びましょう。

ライブカジノハウス

初回入金で入金額の100%、最大$500までのボーナスがもらえます。$10からの入金で利用可能なので、いきなり大金を払いたくない場合でも気軽に利用できます。その後でも2回目の入金の75%、$500まで、3回目で50%、$500まで+合計$90分の無料スピンと、3回までボーナスがもらえます。すべて限度額までもらえばなんと$1500分に!

Bettilt(ベットティルト)

初回入金で入金額の100%、最大$500までのボーナス。その後2回目の入金の50%、$300まで、3回目で100%の$200まで+合計$300分の無料スピンがもらえます。すべて限度額までもらうと$1000分に!こちらも$10(ビットコインは$20)からの入金で利用可能です。

ベラジョンカジノ

初回入金で入金額の100%、最大$500までのボーナス。その後2回目の入金の50%、$250まで、3回目で100%の$200まで+合計$50分の無料スピンがもらえます。すべて限度額までもらうと$950分に!こちらも$10からの入金で利用可能です。

-オンラインカジノ 攻略法
-, ,

Copyright© オンラインカジノ , 2020 All Rights Reserved.